女性のための人気職種別転職法

事務職編

事務職は女性が希望する職種の中で最も人気のあるものです。実際、多くの会社で女性がたくさん活躍しています。しかしながら一概に事務職といってもかなりたくさんの業務が存在します。大きな会社になると数個の部署に分かれて専門的に業務を行っていたりします。まずその業務について見ていきましょう。まず全部門・全社員をサポートする総務があります。備品や消耗品の管理をはじめ、入社式・株主総会などの各種行事の企画・実施また全体を見渡し環境の改善や経費削減をおこなったりもします。続いて会社のお金の動きを管理する経理があります。日々の入出金から予算編成、決算書や税務申告書類の作成などを行います。その他営業スタッフの能率を上げる補助役の営業事務や人材を獲得・育成・適正配置を考える人事などがあります。これ以外にも業務としてはかなり幅広く、小さな会社になればなるほど対応しなければならない仕事は多くなります。これらの業務を遂行する上で、必ず必要になってくるのがパソコンスキルです。最近は事務職に限らずほとんどの職種で必要なスキルではありますが、事務職においてパソコンスキルがないとお話になりません。求人内容を見ても、ほとんどが”ワード・エクセル使用出来ること”が条件になっています。レベルはそれほど高くなくてもかまいませんが、ワードで通常の文章が作れてブラインドタッチが出来る程度エクセルで表計算が出来る程度は必要と考えてください。そこにプラスアルファで、”簿記2級”や”社会保険労務士”など業務に関連する資格があれば、尚望ましいです。人気職種の中でも最も資格やスキルがアピールに使いやすい職種といえるので希望分野があればぜひ資格取得を試みてください。

営業職編

営業職は業界・企業によってかなり活動スタイルが異なります。まず”誰に・何を・どう売るか”という視点からどんなタイプの営業があるのかを説明しましょう。まずは企業のニーズに応じたサービスやものを提供する法人営業がありこれは新しい取引先を開拓する新規開拓と実績と信頼をベースに活動するルート営業があります。また個人を相手により良い生活の提案をおこなう個人営業があります。これは低額商品から住宅などの高額商品まで様々な種類があり営業スタイルもそれによって大きく異なります。その他特徴だけで分けると、

  • 店舗内で来客対応をするカウンター営業
  • 自社製品を海外に送り出す海外営業
  • 製薬会社で医療関係者へ営業を行うMR

などがあります。このように種類はいろいろありますが、いずれの場合も共通して求められるのはコミュニケーション能力、コンサルティング能力です。コミュニケーション能力とは話題が豊富ということだけでなく”聞く力”というものも重要になってきます。相手が気持よく話せる空気作りが出来ることが大切です。またコンサルティング能力とは相手の話から課題・ニーズを引き出す力のことでその問題解決のための提案力も併せて求められます。いずれにせよ営業人にとって大切なことは、商品を気に入ってもらう前に自分自身を気に入ってもらうことです。まさに面接で自分を営業することと同じことです。営業に必要な能力はは実際のところ勉強して身につくものではありませんが、如何に相手の立場になって物事を考えられるかということに尽きます。その業界の仕事に必要な知識・能力は何かを考え、とにかくそれらを身につけること。またその思い・意識が会社側に伝わるよう面接でアピールする方法を考えましょう。

企画職編

新しい商品・サービス・事業を生み出すのが企画職です。華やかなイメージのせいか、漠然と憧れを持つ人が多い職種です。企画職の中にも企業戦略を練る経営企画から事業の見直しや新規事業計画を行う事業企画自社独自の商品を生み出す商品企画などがあります。また市場調査やデータ分析を行い、それを企画に活かすマーケティング職も同じ分野の仕事と言えるでしょう。いずれにせよ、これらの職種は企業の根幹をなすもので未経験からいきなり就ける仕事とは言い難いです。やりがいや責任が大きい分、求められる仕事のスキルも高くまずは他部門でいろいろ経験をつんでからの配属を目指してください。ただマーケティング職は、外部に委託することも多くマーケティングの専門企業が存在します。その道を目指すのであれば、大学などでマーケティングの基礎や統計学などを学んでいることが有利になるかと思います。企画部門では、新しい発想力・経営能力そしてやはり他部門などとの調整も必要となりますから、コミュニケーション能力も求められます。自分の希望する業界がはっきりしているのであれば、とにかく営業や販売から様々な経験を積みかつそこで実績をあげ、あわせて知識の習得に努めなければならないということを覚悟してください。すでにそれらの能力に自信があるのであれば、大手企業を狙うよりもベンチャー企業のほうが早くこの仕事に就ける可能性は高くなります。自分の今までの経験・実績をしっかりとアピール出来るよう商品のプレゼンテーションをするがごとく自らをプレゼンしましょう。

接客サービス職編

女性が最も多く働いている職種がこのサービス職です。対人接客など細やかな配慮が必要になる点から女性に向いていると言えるでしょう。代表的なものは、来店客に直接サービスをする接客販売職があります。どちらかというと非正規のものが多く、家庭との両立を考えたときに働きやすいようです。逆に、非正規が多いから敬遠する人が多いのも事実です。しかし、多くのサービス業の会社において非正規で採用した人を数年後正社員で採用していることをご存知でしょうか。アルバイトの販売スタッフから、チーフへ、そして店長へと段階的にステップアップしていく例も少なくありません。中にはその後本社に勤務になったり、バイヤーとして活躍したりと様々な可能性が広がっています。大手アパレルや販売会社、飲食業などでは20代で店長を務めることも多数見られます。逆にパートから始めて思いがけず店長になった年配の女性もいます。これらの業務に必要なのはとにかくコミュニケーション能力。ターゲット層の年齢や嗜好を踏まえ、時には的確なアドバイスをするなど相手のニーズに応じたサービスの提供が必要です。特に特別な知識は必要とされませんが、大切なのはその現場でどんなことを吸収していくか。それで今後の方向性が決まって行くでしょう。そして、サービス業につく上で最も大切なこと。休日や勤務時間の不規則なことは覚悟しなければいけません。この点が調整できず、採用されない人が多いようです。しかしながら求人数も多く間口も広い職種です。時間的な都合が合うなら、長い目で見て非正規であってもぜひチャレンジしてみましょう。

介護職編

最近の流行りなのか、求人数の多さからか転職の際に介護職を挙げる人が増えてきているように思います。高齢化社会の中で、慢性的に人が足りない介護職は確かに仕事に就きやすいと言えます。将来的にも益々ニーズが高まるだろうし安定して求人が見込まれる職種です。年齢も極端に高齢でない限りは問題とされにくく、また入浴介助もあるため男性より女性の方が望まれる傾向にあるようです。しかしながらその一方で、離職率が高いのも事実。介護職は思っている以上に体力が必要になりますし、精神的にもハードです。資格を取って、転職し仕事を始めてみて初めてその現実に気がつく方が多いようです。そして実際のところ決して給与が良いとは言えないのもその離職を後押ししています。国も待遇改善の施策をいろいろ検討しているようですがなかなか進んでいないようです。それを理解した上で、どうしても介護職を目指すというのならまずヘルパー2級の資格取得から始めましょう。資格自体はそれほど難易度は高くなく、講習を受ければ取得できます。介護職には大きく分けて訪問介護と施設介護があります。訪問介護では家事援助が中心で、掃除や買い物などをお手伝いします。一方施設介護は身体介護や食事のお世話、入浴介助が中心になると考えてください。訪問介護は必要な時に不定期に仕事が入ることが多いので、安定した収入を希望する方は、介護施設のほうがいいかと思います。しかしながら介護に休みはありませんので、交替勤務も多く時間は不規則です。土日勤務はもちろん、夜勤に対応できるかも考えておいた方が良いでしょう。