面接について

気になる服装・髪型は?

書類選考も無事通過し、いよいよ面接という段になってやっぱり気になるのが服装や髪形です。これが学生であれば無難なリクルートスーツに黒髪と相場が決まっているので分かりやすいのですが社会人を数年経験した後の就職面接となるとふと迷います。「リクルートスーツ着るべき?」「髪の色・・茶髪過ぎ?」男性の場合はどんな職種であれ、スーツでいいし実際働くのもスーツがほとんどなので迷うことはありません。一方、女性は常にばっちりスーツで働くという方が少ないかと思います。カジュアル過ぎない範囲で結構自由な服装で仕事しますよね。実際面接においては、そこまでがちがちに考える必要はありません。常識の範囲でオフィス仕様であれば問題ないでしょう。しかしながら、ジャケットぐらいは羽織ったほうがいいですね。スーツを着用するに越したことはないですが、リクルートスーツまで堅くなる必要はありません。色は黒が無難かと思いますが、ベージュなんかでも大丈夫です。髪型・カラーについては、これもまた常識範囲内の明るさなら問題ないと思いますが若干業界によってその許容範囲は変わるところです。服装や髪形は、その人を強く印象付けます。あなたは面接の際、その面接者にどういう印象を与えたいですか?また、どういう雰囲気が望まれていますか?そのあたりを考慮に入れて準備することが大切かと思います。時間があるなら、数日前にでも面接予定の会社の雰囲気を覗きに行ってみてください。実際に働いている方々の雰囲気が一番参考になりますよ。

面接に効くメイク術

面接に臨む際、服装や髪形と同様に気になるのがメイクです。派手すぎるメイクがダメだからと言って、社会人にとってノーメイクは逆にタブーです。いくら素顔に自信があってもやはり気合いの入ってないだらしない印象は否めません。だからと言って、つけまつげやラメのきいたアイシャドウなどばっちり過ぎるメイクも考えものです。友人はかわいいと言ってくれるかもしれませんが、当然ながら面接には全く不向きです。仕事をせずに遊びに出掛けてしまいそうな印象を与えてしまうのがオチです。ビジネスの世界ではメイクはとにかくナチュラルメイクが基本です。参考にするなら、男子受けのよい合コンメイクというあたりでしょうか?目元はあまり気合いを入れすぎないようアイラインは薄めにマスカラと地味目なアイシャドウ程度で十分でしょう。目元にクマがある場合はコンシーラーでかくして明るい印象になるように。また、口元はグロスべったりではなく明るめの口紅を使用し深すぎるベージュは老けた印象を与えるので避けた方が無難かもしれません。とはいえ服装や髪形にも言えることなのですが、これらの基本メイクはあくまで基本的な業種を想定しています。ですので、アパレル系やデザイン関係などでは無難にまとめることは逆効果の時もあります。自分の個性を発揮するべき時には、自分が良いと思うメイクや服装をチョイスするようにしてください。面接において外見は第一印象を決める重要な要素です。良からぬ印象を与えぬよう、細やかな気遣いで臨んでください。

面接の基本マナー

中途採用の面接においては、一般常識やビジネスマナーが厳しくチェックされます。どちらかというと、できてあたりまえのことなので減点評価と考えてください。まず面接には10分前到着が基本です。前もって電車や地図をチェックの上余裕をもって臨みましょう。とはいえ早すぎる訪問も逆に失礼にあたりますので気をつけてください。面接場所についたら携帯の電源を切ることも忘れないようにしてください。次に受付にてまず名前を名乗り、約束していることを伝えます。この時対応してくれる職員にも必ず丁寧に接してください。基本面接場所に入った時点から面接が始まっていると考え気を抜かないようにしましょう。控室がある場合は、名前が呼ばれてからドアをノックし「失礼します。」で入室。先に着席して面接官を待っている場合は、担当者が現れた時点で立ち上がり迎えるようにしてください。そしていよいよ面接です。まず最初に時間を割いていただいたことに感謝を伝え、かばんから必要書類を出します。この時も書類は必ず両手で差し出します。相手が促してくれるのを待ち着席したら、背もたれにもたれないよう着席します。かばんは足元か膝の上におきましょう。面接中は相手を見るのが基本。視線をきょろきょろさせたり、上目づかいはマイナス印象を与えます。落ち着いて受け答えしましょう。面接が終わったら、ドアのところで向き直り「失礼します。」といって退出します。以上は本当に基本的なマナーになりますが、あまりマナーばかりに気を取られて話す内容がおろそかになってしまっては本末転倒です。とにかく落ち着いて、相手に自分を知ってもらうことが一番大切だと肝に銘じてください。

転職面接と新卒面接の違い

転職面接と新卒面接の違いはどこでしょうか。当然のことながら、両者はまずその採用目的が違います。新卒者を採用する側としては、面接時求人者の未来の可能性を見ようとします。つまり”今、何が出来るか”ではなく”将来どんなことで会社に貢献してくれるか”ここに重点を置きます。ですので、学生時代の物事への取り組み方の姿勢や物事の考え方に関する質問が多くなります。少々ぎこちないビジネスマナーであっても新鮮な印象を与えたり、初々しさが好印象を与えることもあります。一方採用側が転職者に期待するのは”即戦力”になります。ですので、その人がどんな資格や知識を持っていて、その人の経験は自社でどのように活用できるかを知りたいと考えます。社会人としての基本は知っていてもらわないと、今から教えないといけないのであればわざわざ転職者を取る必要がないと考えるはずです。これは未経験の職種に他職種から転職する場合も同じことです。わざわざ経験者でない人を採用するに値するメリットは何なのか。今までの経験がどう活用できるのか。これが大切なのです。日本人には苦手な人が多いですが、面接で謙虚でいることは決して美徳ではありません。「黙っていてもわかってくれる」なんてことはありません。短い時間で相手が転職者面接で知りたいと考えていることについて自ら語り、伝える必要があります。相手が面接時どんなことを知りたい、どんな人を採用したいと期待しているかを考えればおのずとどう自己アピールすればいいかわかるかと思います。マニュアル通りではなく、自らの言葉できちんと話すことを整理して面接に臨むようにしましょう。

質問の意図を探ろう

転職面接における定番の質問と言えば

  • 志望動機
  • 前職経験
  • 退職理由

などがあります。他には”自己PR”やもっと具体的に”残業の可否”なんかを聞かれたりすることもあります。これらどんな質問にも意図が存在します。例えば最初に聞かれる質問で「今日はどうやってここまで来ましたか?」というものがありますがこの質問の意図とは何でしょう。ほとんどは応募者の緊張をほぐすための会話の一つであることが多いですが遠距離からの応募者(一時間以上かかる人)に対しては別の意図も含まれていることがあります。こういった場合、実際の方法の回答に合わせて「前職と同距離である」など通勤距離は理解しており無理はないということを伝えなければならないかと思います。また転職者面接における質問は常に具体的であると認識してください。採用計画の段階からニーズを絞っていることが多いからです。「入社後、何をしたいか。」という質問であれば夢を語る漠然とした内容で許されるのは新卒面接の場合のみ。経験者であれば「自己の○○の経験を活かして、このように活躍したい。」など戦力になれるということを明確にアピールする必要があるでしょう。採用選考において面接側が確認したいことは、流れに沿って必ず確認がされると思っておいて下さい。質問の意図や真意を察したうえで自己PRや相手にとってデメリットになりそうな事項のフォローをするような回答をしていくことこれこそが採用へのつながる回答のポイントです。

志望動機の答え方

志望動機とはなぜその会社を志望したかを問う面接における最も重要な質問です。志望動機について聞かれた時にはなぜ”この仕事”でなぜ”この会社”を選んだのかを具体的に説明できるように準備することが大切です。例えば「なぜ当社に応募したのですか?」と質問された場合「経験者募集の求人を見て、自らの経験が生かせると思いました」では当たりまえすぎて良い回答とは言えません。同じような条件の求人がある中で、なぜその会社を選んだのかをきちんと説明しなければいけません。同様の質問に「この会社のどこに注目したのか」「この仕事をしたい理由」などがありますがこれも同じ意図です。志望動機を答える際には出来るだけ具体的にかつ前職のどんな経験が活きるのかをきちんと盛り込むことがポイントです。未経験の仕事へのチャレンジであれば応募先で役立つだろう業界の知識や類似業務をあげてカバーをすることも忘れないようにしましょう。とにかく”自分を採用すれば、メリットがある”と相手に感じさせるのです。志望動機はその人の仕事に対する意欲や姿勢を見る上で必ず聞かれるものです。前もって会社や仕事について調べたうえでこの転職活動に臨んでいるということをきちんと話せるように準備して頂きたいと思います。大切なのは自己分析をしっかり行うこと。間違っても採用担当者に”入社できるのならどこでもいい””雇ってもらえるならばどんな仕事でもいい”などと、感じさせないよう注意することが大切なのです。

退職理由について

転職面接において聞かれる質問の代表のひとつが退職理由についてです。退職に至る理由はそれぞれあるかと思います。しかしながら、退職理由について質問されたときの回答の基本は前職では不可能だった仕事上の目標をあげるなどの志望動機につながる前向きな理由を述べることです。面接でこの質問をする意図は”採用したらすぐに勤務できる状況なのか””転職をするという決断姿勢から、仕事に対する取り組み姿勢を探る”というものです。前職への上司批判や、人間関係のトラブル、待遇に対する不満を口にするのは避けた方がいいでしょう。それが一番の理由、本心だとしても面接側は他社の状況は分からないうえ人が集まる会社にはどこでも同じようなことがあるものです。”この人、うちに来ても同じようなことでもめるのか?”と警戒されてしまいます。だからといって良く言いがちな無難なセリフ「やりがいのある仕事がしたくて・・」は使わないでください!仕事に対するやりがいを見つけることが出来るか否かは本人次第。積極的に仕事に取り組む姿勢を疑われてしまうだけです。同様に「キャリアアップがしたくて・・」というのも要注意です。大切なのは具体性。なぜ前職では努力してもキャリアアップできなくて他の場所なら出来ると思うのかしっかり考え、整理しておくようにしましょう。またよく「会社都合で辞めた場合どう伝えたらよいか?」と質問されますがこれは事実をそのまま伝えればよいかと思います。良からぬことをして懲戒解雇うんぬんまでは話す必要はないかと思いますが経営状態が厳しいことでリストラされることは昨今良くある話です。要は伝え方と、それを踏まえて今後どういう展望を持って仕事を探しているかです。決して後ろ向きにならないことです。最も重要なのはこれからの仕事に対する姿勢なのです。

自己PRの説得力

自己PRとは自分を売り込むためのスピーチです。日本人にはとても苦手な人が多く、また普段はあまりする機会はありせんよね。しかしながら面接では選考への影響が大きいので注意してください。転職の面接において冒頭から「自己PRを」と言われることはあまりありません。どちらかと言うと、相手が臨んでいる人物像に当てはまるかある程度の確認を終えてから終盤に聞かれる場合が多いようです。「あなたの長所はなんですか?」「あなたの強みは?」などが自己PRの質問と思ってください。この時に応募条件に該当することだけを伝えてもなんのPRにもなりません。同じようなレベルの応募者がたくさんいる中であえてあなたをなぜあなたを採用するべきなのかを伝えなければなりません。”他の人でなく自分”である理由を伝えなければなりませんがその際に「やる気だけは負けません」など精神論や漠然とした回答では説得力に欠けます。相手に納得してもらうためには実績をあげて具体的に表現する必要があります。「いままで○○などを経験してきた中で、目標や課題は必ず達成した」「△△な仕事を月に□件担当し、取引先から●●と言われていた」など、実績や数字、具体的な仕事を挙げて内容を分かりやすく伝えることが大切です。面接を進める中で、会社側の求める人物像を捉えながらそれに当てはまる知識や経験を伝えることができるようしっかり相手側の話に耳を傾けて下さい。事前の業界研究や職種研究、そして自己分析はここでも活きてきます。いきあたりばったりで答えることにならないよう事前にしっかり準備して面接に臨んでください。

圧迫面接とその対応

面接の場面において、面接官が言葉や態度で応募者に故意にプレッシャーをかけるのが圧迫面接です。その時にどういう反応をするかを見て、トラブルや不測の事態への対応能力を見るのが狙いと言われています。しかしながら、面接官は圧迫することを意図していなくても受け手側が自分にとって不利な質問をされると「圧迫面接だ!」と思い込むことも少なくないようです。自分にとって不利な点、例えば”ブランクが長い””転職回数が多い”などについて質問されるということは「この人はダメ」ということではなく不利な点を挽回するチャンスを与えられていると捉えてほしいと思います。最初からダメなのであれば、質問すらする必要がないはずです。”ピンチをチャンスに”ではないですが、それについて納得できるような理由を答えることが出来たのであれば逆に評価されるかもしれません。問題は自分ではハンディと思っていなかったこと、逆に長所だと捉えていたことが良い印象を与えていなかった場合です。自分で不利だと分かっているなら事前にいろいろ回答を考え、準備することもできますがこの場合は違います。しかしこういった場合も焦らず、落ち着いて対応することを忘れないようにしましょう。要は”相手が不安に感じる点を払しょくすることを目的にフォローする”ということを意識して答えればよいのです。また、質問すること自体が不適切な内容である場合もあります。女性の場合であれば「結婚予定は?」「子供の予定は?」などが代表的です。決して怒ったりせず、冷静にあくまで相手が選考の上で必要なことを確認しているのだということを踏まえて対応しましょう。どうしても納得いかない場合は「その質問には答えかねます。」と正直に伝えましょう。残念ながら会社の考えは全て教科書通りとは限りません。そして入社後もそれは変わりません。面接時、どのような考えを持っているのかを確認するのは会社側だけではありません。応募者側としても会社の考え方を踏まえ”採用されて働きやすいか、また働きたいか”の判断基準にしましょう。